クラミジア以外にも使用される

薬の説明

クラミジアに感染してしまった際、治療に使用される薬としてクラミジア薬のクラビットという物があります。
実はこのクラビットというのは非常に万能に利用されている医薬品で、クラミジア以外の様々な症状を治療することもできるのです。

クラビットを服用する事で治療できる病気はクラミジアをはじめ、表皮性皮膚感染症という皮膚の病気や怪我や手術の傷口から感染する感染症、前立腺炎のような物から淋病にペストと、非常に万能に利用されています。
そして様々な病気に有効という事もあり、性感染症の診察を受ける婦人科や泌尿器科以外にも内科、外科、皮膚科や眼科と、非常に多くの場所で処方してもらうことができます。
その為、人によってはこのクラミジアではなくてもクラビットの名前を聞いたことがある、服用したことがあるという人もいるはずです。

そしてそんな便利なクラビットですが、服用する時はきちんと用法用量を守らなければ薬が過剰に効きすぎてしまったり、発症確立は非常に低くなっていますが場合によっては副作用が発症する時もあります。
服用する際はクラビット500?錠を1日1回、1錠の服用を行うことでクラミジアを治療することができます。

また、この薬は服用できる年齢が決まっており、基本的に18歳未満の医学上小児と呼ばれる年齢の子供には服用させてはいけない、とされています。
クラミジアに感染していなくても様々な病気で処方されることのあるクラビットなので、もしも自分の子どもがけがなどをして病院に連れて行った際にクラビットが処方された場合、飲ませても大丈夫なのかをしっかりと医師に確認した上で服用させてあげるようにしましょう。